スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/23 結論は?

さてさて、楽天からはいっさい連絡はありません。
まあ、いいでしょう。
そして疑り屋トーマス2世のメールに対し、Taraさんはこんなメールを送ってきました。

Hi Mariko,

The reason you can't log in through http://www.kobo.com/writinglife is because of a system error that occurred after our recent update.
Our web team are working on fixing this issue.
In the meantime,
you can log in through http://writinglife.kobobooks.com/dashboard.

Sincerely,
The Kobo Team

まあいいでしょう。
が、しかし!
となると、今後log in出来なくなるたびにTaraさんにメールしなければならないってことなんだ!
ああ、なんてこと。
毎回英語で苦情のメールを送るのは日本のself-publisherにとって敷居が高すぎる。
これではkobo writing lifeが日本で全く相手にされないのも無理はない。
しかも縦書き非対応だしね…。
唯一可能なのは有料のパブーの連携機能を使うこと。
私の心の中では「Amazonの勝ち~」という声が聞こえていた。
これでいいのか?
日本人は「寄らば大樹の陰」ってのが好きだし、いいんでしょう。

でもね…。
歳がばれちゃうんだけど、大昔、「世にも不思議な物語」というUSのTVシリーズがあった。
いわゆる「Twilight Zone」だ。
最初はそういった邦訳のタイトルだったんです。(たぶん。子供の頃の記憶なので間違っていたらごめんなさい)
その中で、「人類に供す」という作品があった。
異星人がある日地球にやってきて、進んだ科学知識を人類に提供する。
人類は異星人の恩恵を受け、病やエネルギー不足の不安から解放される。
しかし、女性の言語学者だけが異星人を信用せず、彼らの言語を解読しようと試みる。
そして解った驚愕の事実は……。
というわけで今まで私がどのようにAmazonと闘ってきたかをここに残しておこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。