新盗作問題2:ひょっとしてストーカー?



さて、弁護士先生からの連絡を待つ一方、
わたしは別の方面から調べてみることにした。
なんといっても、「みののこれまでの行状から鑑みて、
急にしおらしく反省したとはとうてい思えなかったからだ。
情報通の同人仲間に連絡してみる。
すると驚くべき返事が返ってきた。
すでに「みのはまったく新しいジャンルで盗作をしているというのだ。
やっぱりね…。
心から反省した訳じゃなく、とにかく法的な保護が欲しかっただけなのね…。
その一方、弁護士先生は私の以下の要求をきちんと「みのに送って下さっていた。


檜原まり子氏の(以下、同氏)の依頼を受け、代理人として、連絡いたします。

同氏は、謝罪さえあれば、webの貴殿に関するコンテンツを削除致します。

ただし、以下の条件があります。

①檜原まり子だけでなく、これまでに行ったすべての著作権侵害に対しわびること。

②京都大学医学部看護学科であるにもかかわらず、同人仲間に医者であると吹聴したこと。

③医療従事者であるにもかかわらず、不誠実な態度であったこと。

以上の謝罪をwebで表明すること。

④著作権を侵害した本を回収してください。

以上を実行してくだされば、同氏は、貴殿にかかわるいっさいの自分のコンテンツを消去致します。

しかし、もし今後、著作権侵害を再び犯す場合は、コンテンツを再公開致します。

以上でお父上の同意が得られれば、webで公開すべき謝罪文章を、同氏が作成致します。

さらに本の売り上げは、下記へ振込んでください。

○○○銀行○○支店、普通預金、XXXXXX、河原○○○○

ただ、果たして「みのは以前の住所に住んでいるのだろうか?
父親と称する人物と訪れたさい、「みの」 は実家の住所を教えていない模様だ。
もしきちんと連絡先を教えていないのなら、実は謝る気持ちなどないのではないのか…。
そんな不安を同人仲間にもらしたところ、情報通の彼女は早速ウェブである事実を発見、
教えてくれた。
二年前と同じ進学塾でまだ、「みの」はバイトをしているようだ。
その進学塾は関西ではとても有名なので、講師のプロフィール欄を更新しないはずはない、「みの」 がまだその進学塾のサイトに顔写真とプロフィールが乗っている以上、その進学塾でバイトをしており、すなわち以前の住所に住んでいるに違いない、とのこと。
う~む、わたしは友人に恵まれているなあ…
ともあれ、弁護士先生の手紙は「みの」 には届いているはずなのだった。
さあ、どうなるか…。
が、待てど暮らせどなにも連絡はない。
一体どうなっているのか。
もしかしたら、やはり転居したのかも知れない。
そう思って弁護士先生にメールしてみた。
すると驚愕の事実が判明した。
「みの」 に手紙を送ってほぼ10日が過ぎていたが、
不当利益の入金はなかった、と。
それっていったいどういうこと?
ここでわたしはふと不安になった。
そもそもこの盗作問題はオワコンなのだ。
なのになぜまたほじくり返すようなことをするのだろう。
しかも不当利益の入金はなく、それって自分から言った「本の売り上げを支払いたい」を破っているじゃないか。
入金口座の名前が弁護士先生だったから入金しなかったのかも知れない。
それは単に私の名前が知りたかったから?
口座名義は本人でないといけないのだ。
ってことは、ひょっとして「会って謝る」も何か意味がある?
え?まさかミザリーじゃないでしょうね?
会っていきなり、斧か包丁で襲いかかるなんてことはないわよね…。
しかし、そもそも相手が何を考えているかまったく見当も付かない。
盗作をするってこともわたしには理解できないし、
盗作がばれたあと、他人がやったかのようにツイッターでツィートしまくる、なんてことももちろん。
色々考えたすえ、とある可能性に気づいた。
もしかしてわたしはストーカーされているんじゃないだろうか…。
こちらが被害者なのに!
別に苛めたわけでもなんでもないのに!
逆恨みされてるってこと?
どうなる、わたし!
と言うところで続く!


追記である。
実はその進学塾のWEBサイトでは6月の時点ではまだ「みのは臨時講師として載っていたが、現在は名前は無し。たぶん、ほかへ就職したのか、もしくはその進学塾がサイト更新をさぼっていたのかもしれない。まあ、有名進学塾なので、それはないとは思うが。だとしたら、「みのはつい最近その進学塾のバイトを辞め(たかクビになった?)、他へ就職するためにこっちへ連絡してきたと推測される。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR