KDPで税制度が変わった!ただしUS以外。

つうわけで、楽天との闘いが終了したところで、
大ニュースだ。
ついこのあいだ、
「楽天KWL使おうよ!
EINもいらないよ!」と書いたばかりだというのに。
さすが、Amazon、抜け目がない。
KDPでの源泉徴収方法が変わったのだ。
米国以外の出版者の源泉徴収税
要するに、出版者がUSに住んでいない場合は、
US以外で売れた物に、USは課税をしないということ。
あと、ブラジルではそれぞれの国別出版者に課税される。
詳しくは下のほうを見てね。日本人だと12.5%がさっ引かれるらしい。
けどねえ、よく考えりゃ、そうなのよ。
今までは日本amazonで買い物しても、それはアメリカAmazonが売ったものだった。
Amazonマーケットプレイス以外ではね。
だから当然、消費税は乗っかっていなかった。
当然、kindle storeだってその論理でやってたわけで。
EUでも電子書籍にVATは乗っかっていなかった。
そのことでアメリカAmazonは叩かれ、やっと2015.1.1から
フランスAmazonやドイツAmazonはそれぞれの国で売れた電子書籍にVATを載っけ、支払うようになったわけ。
だから日本Amazonで日本語の書籍が売れたら、消費者は日本に消費税を払い、
日本の作者は日本に所得税を払うことになったのだ。
つまり、USで売れたら、USに所得税を払う。30%の。
だから国内で日本語の書籍のみを売ることが目的の人にはと~~ってもいいかもね。
ただ、私のように、英訳コミックをUSで売りたい人にはあんまり関係ないのである。
でもまあ、EINは邪魔にはならないかな、iBooksでも必要だから。
それにEINで登録が済んでいる人は引き続き30%支払わなくてもいいし。
で、思うに。
今回の改変は楽天KWLへの対抗手段、ではないと思うな。
どっちかと言うと、やはり課税の問題からだろう。
楽天KWLに対抗するなら、
70%ロイヤリティのために独占配信を強いるのはやめろって。
スポンサーサイト

テーマ : 電子書籍等のお知らせや雑談
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR