楽天kobo writing lifeβ版お披露目イベント

さて、12/18に行われた楽天kobo writing lifeβ版のお披露目イベントに行ってきました。
有給休暇まで取って行ってやった、つーか〈笑)
いろいろ質問事項をメモっていきましたね。
1. VATのこと。
2. Canada kobo社のアカウントと統合できるのか。
3. 世界配信は出来るのか。
だたいこの3つが懸念事項だったのね。
で、一般的なアカウントの作成などの説明があり、
amazonKDPとの違いが強調され〈笑)、
質疑応答時間になりましたよ。
鷹野氏のあと、早速手を上げる。
「官能小説家の檜原まり子です」と自己紹介〈苦笑)
失うもののないバアアだからねえ…。
2と3について質問したのですが残念ながらどちらも答えは「NO」。
まあ、日本語の縦書き小説を日本人だけに読んでもらうにはいいのかもしれないなあ。
あと、固定レイアウトの日本語コミック。
しかし、それならdistributorを介して配信すれば充分。
今の時点で楽天KWLを使う必要は全くなかったのでありました。
で、報告終わり、ではあんまりかなあ。
幾つかほかの参加者さまの質問やら、そのあとの懇親会タイムでのスタッフさんとのやりとりなどで、
興味深い意見もありましたので、ここで紹介しときましょう。
まず、Canada Kobo社のKWLが固定レイアウト・ePub3対応するかどうかを、スタッフさんに訊いてみた。
「ePub3がグローバルスタンダードだとCanada Kobo社も認識してはいます」と。
「端末もすべてePub3対応済んでます」
だよね、変換後のコンテンツをDLしてFUSEeで開くと、表紙画像はちゃんと固定レイアウトになってるもん。
ただ、プラットフォームがePub3に対応するのは相当先のこと、
今の時点では絶望的らしい。とスタッフの表情から推測した。
無理もないなあ、英米圏だし、
Canada kobo社のユーザーはそんなに多くない。
Amazonと違って、コミック読者の数は少ない。
なので、コミック配信にそれほど力を入れていない。と思う。
日本だけだろうなあ、電子書籍でのコミックの売り上げ割合が多いのは。
しかし、この問題についてはUSでold kindle userが多いため、英語訳のコミックを
AmazonではePub2で制作せざるを得ないのとどっこいどっこいだから許す。
で、次は別のスタッフを捕まえてVATについても質問。
これはちょうど前日にAmazon USから、
2015.1.1よりEU圏ではそれぞれの国にVATを支払うことになった、
つきましては、定価はVATを含む、
なので、royaltyはそれぞれの国でDLされた場合は、VATを引いた額に利率が掛けられるよ、
というメールが来たからだ。
スタッフさんの回答は「楽天KWLの売り上げはCanadaに入ります。で、Canadaなので消費税は払われません」。
つまり、こうだ。
大手出版社、venderとして日本の楽天と契約している場合は、
書店では「税込み」という表示が成される。
しかし、Canada Kobo KWLだろうが、楽天KWLだろうが、
そこから配信されるコンテンツについては税金の表示はない、ということ。
そのことで、さきほどの参加者から出た質問が蘇った。
それは「KWLを通じて配信されるコンテンツは、出版社からのものと差別化されるのか」というもの。
楽天スタッフの答えは「ウェブ書店上、まったく区別は付きません。区別をつける予定もありません」
質問者は納得したようだった。
どういう意味?
え? インディーズ、自主出版って判るとダメなの?
同人作家歴長い私は、自主出版のどこが悪いって思ってるよ?
質が悪いかと思われるって?
そう思う奴にはそう思わせればいいし、プロで長くやってきた私なんか、
めちゃくちゃクソって叩かれるよ。それでいいと思ってるけど。
人間、自分に合う本しか読まないもの。
私は堂々と「自分で出しました、だってどこも出してくんないんだもん」って言う。
でも、my distributorの安倍ちゃんが以前言ってたっけ。
「パブーから配信されているって判るのがいやな人がうちに応募することもあるんです」
え、そうなの?
つか、パブーがいやなら、自分で出せばいいじゃん。
はあ~、まあ、こういうこと書くと炎上するのかな。
でもこれで判った。
「税込み」って表示がなければ、それはKWLからの出版だって判るんだってことが。
ま、そんなこと気にする人いないだろうし、
その後、web上で「2015.10よりAmazon、Koboでも消費税を支払うよう義務づけられる」と
ニュースが流れてきたから、それも来年10月までか。
10月以降は、自主出版と出版社を通じたコンテンツの区別は付かなくなる。
ただ、出版社経由でなければやっぱり自分でプロモーションしなくちゃならないから、
おんなじだと思うんだけどね。
あと、海外の人がなぜ楽天kobo書店から買えないかも訊いてみた。
海外からだと、リダイレクトされてしまうのだ。
楽天、リダイレクト大好き。
スタッフの答えは「うちと契約している出版社のなかで、日本国内だけしか売りたくないと思っている出版社もあるので」
むう、人のせいにするな〈苦笑)
しかし、楽天にはamazonの対抗勢力としてがんばって欲しいから、
応援する。それしか選択肢はない。
って、なんかこないだの衆院選みたいだなあ…。ってオチにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

恋愛処方箋14 koboで買いましたが全く読めません。
不具合直してください。
レビューしないでおきますが、買った人は困ると思います。

ファンなので残念です。

恋愛処方箋Vol.14につきまして

> 恋愛処方箋14 koboで買いましたが全く読めません。
> 不具合直してください。
> レビューしないでおきますが、買った人は困ると思います。
>
> ファンなので残念です。
コメントありがとうございます。
ただちに調べましたところ、
一部のkoboアプリで開けないことが判明しました。
これは楽天側のミスで、楽天に連絡し、
訂正されました。
楽天からそのうちにメールが届くかと思われます。
その前でも、すでにデータは訂正されていますので、
お使いの端末から一度、本を削除し、
もう一度クラウドからダウンロードしてください。
訂正されたデータが再び端末に入りますので、
読むことができます。
kobo for android、kobo for iOcで読めることは確認済みです。
このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
コメントをいただけなかったら、気がつかず、
多くの方にご迷惑をお掛けするところでした。
プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR