スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterで電子書籍サンプルを開示してみた

web上でepub3を読むことが出来るツール「BiB/i」が無料公開されている。
セルフプロモーション用に自分のHPにこのツールを埋め込むことも出来るのだ。
さらに、dropboxの「public」フォルダに埋め込むことによって、twitter上でも自分の電子書籍をサンプルとして公開できるという。
くわしくはここ
わたしもこのサイトを参考にやってみたが、
猿未満の人のためにもう少し詳しく書いておこうと思う。

自分は「六本木夜間診療所」の英語バージョンと日本語バージョンを同時に呟いてみたのだが、
画像と共に公開されるのは一つだけのようだ。
epub3の作成方法はここには詳しく書かないが、
作成フリーソフトなどはウェブで公開されているので、
調べてみること。
作成したePub3を記事にあるように、
名前についた拡張子を「.epub」から「.zip」に変更し、さらに解凍ソフトで解凍する。
私はフリーソフトの「Lhaplus」を利用している。
winでは右クリックでも展開できる。
解凍したフォルダがサンプルとなる。
そうやって作成した日本語バージョンを「sample」とし、英語バージョンを「rsample2」として、
サイトに書いてあるように、BiBi フォルダの中の「bookshelf」に置く。
「bib」フォルダ内はこんな感じになっている。
bibi1

「bookshelf」内に置いたものがこれ。
sukusyobibi2.png
で、htmlの編集にかかる。

記事にあるように、「i」フォルダ内にあるindex.htmlを複製して別の名前を付け、それをhtml編集ソフトで編集する。
わたしの場合は、「sampl.html」と「sampl2.html」というページを作ることになる。
sukusyobibi5.png



「index.html」の編集前はこんなコード。
sukusyobibi3.png

ここの「公開リンクへのURL」は、
dropbox内のhtmlを右クリックすると、
こんなメニューが出るので、「公開リンクアドレスをコピー」をクリック。
sukusyobibi4.png


この「sample.html」の公開リンクアドレスを、さきほどの「sample.html」に書き込む。
わたしの場合はこうなる。

sukusyo4.png

で、ほぼ完成である。
twitter上で、この「sample.html」のアドレスを公開するだけ。
実際の呟きがこれ。
sukusyobibi6.png

もちろん小説でなくてコミックでも出来る。
特に虹のサンプルなどにいいのではないだろうか?
twitterで期間限定で見てもらうのには便利なツールで、
自主出版作家のプロモーションに今後はかなり役立つと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。