盗作者に告ぐ2

本日は三通目の内容証明の期日である。
今現在、盗作からの返信はない。
盗作者はいつも必ず期日ぎりぎりで返信して来る。
よって、本日投函したとしたら、月曜日にこちらへ届くだろう。
わたくしも月曜日までは待つつもりだ。
しかし、これだけを取っても、盗作者に一片の誠意もないことが分かる。
なぜならば、本心から謝罪しようと思うのなら、
こちらからの働きかけがあった時点ですぐに謝罪の意を表示するはずだからだ。
もはやわたくしは盗作者に誠意を求めないことにした。
盗作者はわたくしが謝罪を求めている間も、
別ジャンルの二次創作で活動している。
しかもそこでまた盗作を繰り返しているのだ。
今現在の盗作者の活動ジャンルは「フリー!」であり、
pixivのアカウントはhttp://www.pixiv.net/member.php?id=8329623であり、HNは「Rio5」である。
彼女のフォロワー、もしくは新しい友人のかたは、ぜひ彼女に誠意ある対応を求めて欲しい。
はじめ、わたくしは誠意ある謝罪さえあれば、すべてを許すと思っていたが、
3回にわたる内容証明にもかかわらず、
きちんとした謝罪が得られないのであれば、
刑事告訴も視野に入ると思い始めている。
わたくしのような個人作家、さらにベストセラー作家でもないようなら、
検察は不起訴にするだろうが、
それでも盗作者の悪質さに対応するにはこれしかないのではと思う。
そもそも2年の長きにわたって22回もWEB上で連載され、しかも一字一句違わぬほどの盗作をされたわたくしに、
なんら相手を罰することが出来ないようなら、
著作権法など、なんの意味があるのだろうかと問いたい。
民事告訴については、もともと1円も相手から貰う気はないゆえ、
あまり意味がないと思っている。
民事の基本は和解であり、
こちらにいっさいの落ち度がないのだから、
和解する意味がない。
しかも、相手が誠意ある態度を見せないでいる間に、
相手の個人情報が一部webに流出してしまっている以上、
民事で訴訟する意味がない。
ただ一つ、思うことは、
相手が大学4回生であり、
来年の3月に卒業するということだ。
ここで謝罪してくれれば、
わたくしとて、これからの人生に汚点を付けたくはない。
しかし、逆に言えば、
謝罪せずにこれから社会に出て人生を送ることを
看過することも盗作者のためにはならないと思う。
これをこのまま許せば、
彼女は「ばれなければいい」「適当にごまかせばなんとかなる」
という気持ちで生きて行くに違いないからだ。
盗作者よ、
もしこのブログを読んだなら、
そしてあなたが今日わたくしの弁護士宛に書簡を投じていないのなら、
月曜日に朝一番でここに電話なさい。
〒105-0001 東京都港区 東京都港区虎ノ門3丁目18−12 301
03-3431-7161
追記である。
著作権侵害の刑事告訴は相手に厳しい処罰を求める場合だ。
刑事告訴においては謝ったことなどは意味がない。
犯罪事実が事実としてある以上、不起訴ではなく、最低起訴猶予の可能性は高い。
彼女は故意に盗作した事実を認めているのであるから、犯罪は存在したことになる。
起訴猶予であれば、前歴が残り、
今後の盗作に歯止めをかけることは出来るかも知れない。

弁護士先生とゆっくり相談しようと思う。
スポンサーサイト

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR