暗雲その2 盗作問題3

まあ、仕方がない。
自分で何とかするしかないのだ。
今までもそうやってきたじゃないか。
そう自分を励まし、まずは弁護士協会に電話する。
するとまた別の所を紹介され、またそこへ電話する。
著作権問題に詳しい弁護士を紹介して下さいというと、
文書で申し込み、それからしかるべき人材を捜して連絡する、と。
おおむね1週間ほどかかるらしい。
その文書の書式は決まっていてどこかからDLするのですかと尋ねると、
「ここへ来て下さい」との答え。
ま、法曹界の敷居の高さ、だわね。
まあ、それも一つの手段だ。
とりあえずウェブで探してみようと、
「著作権問題・弁護士・相談」
でぐぐってみる。
もちろんいろいろなサイトがヒットする。
その中の一つに壱岐坂にある法律事務所を見つけた。
本郷には詳しいので、ここなら便利かも、と電話をする。
ここで驚愕の事実が判明したのであった……
って、ここでまた、明日、ってやると引っ張りすぎかな?
ここでもやはり断られたのではあるが(笑)
ある意味、とても有用な情報が得られた。
まず、弁護士さんに大まかな事実を説明する。
がしかし、どうも相手ののりが悪い。
同人とか知ってます?
「もちろん、一応は」
ええと、いやがってます?
「そんなことないですよ」
でもなんか、やりたくなさそうなんですけど。
「いえいえ、とんでもない」
ほんとはいやなんじゃないですか?
と本音を聞き出す。
彼の本音は、
ウェブの盗作騒ぎは今やそこら中で起こり、
ほとんどが泣き寝入りだし、
そもそも決して彼らは謝らない。
「だからあなたの目指すものが、謝罪であれば、目的を達することは無理ですよ。
お金を引き出すことならまだ可能性がありますが」
私はお金が欲しいんじゃなくて、謝らせたいんです。
「たとえ謝罪を求める内容証明を送っても、
99%謝りませんから」
じゃあ、裁判を起こしたら?
「相手が負けてもお金を払うだけで、決して謝ることはないでしょう」
そうか、そういうことだったんだ。
考えてみれば、ひと、殺して謝る奴、少ないかも。
ですよね、10年経てば出てきますしね。
「その通り、普通に生活してますよ」
う~ん、さすが、犯罪者に詳しい弁護士のことだけはあるわ…。
悪いことしたと反省する奴は最初からそんなことしないってことなのだ。
檜原まり子は世間知らずだった。
じゃあ、あたしのやりたいってことは大人げないってこと?
我慢した方がいいって事なの?
「そうは言ってません、盗作はするほうが悪いんだし。
訴えることは意味があるとは思いますよ」
でもあなた、やりたくないんでしょ?
「ハッキリ言うとそうです。
やりたくありません」
じゃあしょうがない。
やりたくない人と組んでもねえ…。
「そうです、ひはらさんとはたとえ案件を受けてもいつか決裂するような気がします」
こっちが悪いんかい~
んもう~~~
しかし、このやりとり、いつか「Stll Heart」シリーズ第4部に生かしてやる~~~(笑)
スポンサーサイト

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR