スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗雲 盗作問題2

そのとき著作権侵害でまず頭に上がったのは、もちろん赤松健氏とタッグを組まれ、
業界の第一人者とも言われる福井健策氏だ。
ごまめのわたしなど相手にされないかも知れないが、と危惧を抱きつつ、
まずはネットで調べる。
すると「骨董通り法律事務所」にヒット。
さらに「著作権に特化した活動をしている」とあり、
これなら受けてもらえるかも知れない、と思う。
そのまえにいろいろと呟いたり、マイピク申請したりと、
相手の言い分も聞こうと努力するもまったく成果はなし。
さすがにだんだんこちらも感情的になってくる(笑)
なぜ「ごめんないさい」と言えない~(笑)
言えばそれですむのに!
最近の若い子はそんなことも出来ないのか!
が、同人仲間からは
「常習犯はばっくれるだけ」とアドバイス(アドバイスか?)を受ける~~;
そんなこんなで怒濤の連休が過ぎ、
火曜日の朝いちで「骨董通り法律事務所」に電話をかけ、
案件を受けてくれるように頼んだ。
いろいろ説明もし、ウェブサイトのアドレスも教え、
そして最終的にアポイントは「こちらから追って連絡いたします」と言われた。
まあ、待つしかないのだ。
その間も、ツイッターでは「謝るように」と呟き続けるが全くダメ。
そして9/18の午前中、待ち望んでいた「骨董通り法律事務所」からの電話があった。
しかし答えは
「只今、案件を抱えておりまして、お受けできません」だった。
だったら最初にそう言えばいいじゃないの~!
それならあなたたちが自信を持って紹介できる有能な著作権問題に強い人を紹介してちょうだい!
そう言うと、電話口の男性弁護士は「私たちにそんな義務はありません」と木で鼻をくくった答え。
まあねえ、そりゃそうなんだけど。
弁護士にそう言われちゃあねえ…。
しかし粘ると、「弁護士協会へ電話しろ」と(笑)
で、「東京弁護士協会、第一東京弁護士協会、第二東京弁護士協会がある」と教えられ、
別にどこのほうが優秀というのはないらしい。
ううう~
法曹界の敷居が高いってこういうことね!
今や、私の目の前には暗雲が垂れ込めてきていた……
檜原まり子の明日はどっちだ!
スポンサーサイト

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。