スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒動の渦中で学んだこと 盗作問題

そして盗作問題の渦中でいろいろなことが解ってきている。
今回のケースはほとんどまるっと盗作だからわかりやすくまた争いやすいが、
ウェブでのトレース問題などは相当難しい。
同人仲間からは「みんなやってるし、検証サイトもあるから見てみ」などと言われ、
確かに見ればトレースとしか言いようのないもの・ぱくりと言いたくなるものなど多数だ。
しかし法律的にはきわめてそれを著作権侵害とするには難しいことも学んだ。
裁判では相当な独自性もしくはロゴなどでないと認められないことが多いのだ。
そしてどれほどある作家がいろいろな作家からトレースを大量にしたとしても、
数では判断されず、法律的にはその一つ一つについての検証がなされたうえで
著作権侵害が認められなければ、その作家は道義的にはアウトでも法律的にはセーフとなる。
何年か前の有名BL漫画家さんの騒動など、
トレース元が大企業だったり、
また出版者側が自主判断で作品を下げたりするようなことがあればまた別だが、
同人作家やウェブで発表している作家などはほとんど対応できないし、
泣き寝入りをせざるを得ないのが現実だ。
そしてまた、たとえ訴えても相手のほうが力が強ければ、
まず著作権侵害を認めさせることは無理だろう。
他人のトレース作品をネットに上げ、鬱憤を晴らすことは出来る。
だが、それだけだ。
逆に誹謗中傷したとして名誉毀損で訴えられる可能性もあるのだ。
たとえ限りなくグレーでも法律的にセーフであれば相手は告訴できるのだ。
だからといって、トレースが許されると言っているわけではない。
しかし、もはやウェブの海の中ではグレーゾーンは拡大しすぎていて、
ただでさえ、いっさいの著作権を認めないという政治団体もあるくらいだ。
私は信念に基づいて行動したが、
たまたまその力があっただけで、単なる自己満足であり、
また自分の思い込みを優先しただけに過ぎない。
みの氏一人を退治しても、元々パクリや盗作をする輩がそれで悔い改め、自主規制することは望めない。
今回のようにたとえ相手が盗作を認めたとしても、満足するような謝罪を得られることはまず期待できない。
それでもやったことに意味が何一つ無いとは思っていない。
とりあえず私のやり方が一つの手本にはなる。
強い意志を持って相手に対峙することで、
謝罪を勝ち取る道はあるのだ。
またもう一つ、
わたしは盗作に遭った人に助言が出来る。
それは。

訴訟や法律事務所の力を借りることは金と時間がかかり、
なおかつ期待したものを得ることは難しい。
全面勝訴しても、賠償金を取ることはほとんど不可能で、
弁護士費用すら持ち出しだ。
それでもやる人は及ばずながら出来る限り応援する。
しかしやりたくても出来ない人も当然ながらいる。
その人達にはこう言いたい。
「あきらめろ」
人間は思い込みの動物だ。
自分の心の持ち方で変われる。
パクられ、相手がそれで利益を得ているのを見ることは悔しいかも知れない。
また、パくられた本人としては自分に捧げられるべき賞賛を横取りしていると感じるかも知れない。
相手を憎んで鬱々としてしまう人がいるのは理解できる。
だがみの氏とは違い、あなたの周りにはあなたを慰めてくれる友人がいるのではないだろうか?
心の傷を癒してくれる人がいるのではないだろうか。
あなたの代わりに憤ってくれる正義感のある友人がいることを発見するかも知れない。
もしそうならあなたは幸せ者なのだ。
きれい事だと言われるかも知れないが、
綺麗に生きようが汚く生きようが、
所詮人間はいつか死ぬのだと思えば、
どう生きるかはあなたが決めることなのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

盗作者に告ぐ 盗作問題第2部に向けて

この場で盗作者へ告げておきたい。
謝罪は誠実さをもって成されるべきであり、
以前にもわたしは「誠実さ」を何より求めていると書いた。
「誠実さ」のない謝罪は言い訳と言い逃れに過ぎない。
嘘と見栄で書かれたものは人の心を動かさない。
わたしだけでなく、あなたの周り全ての人に
誠実さを持って謝罪の意を表明してもらいたい。
医療関係者であるなら、誠実さとともにこれからの人生を生きるべきである。
わたしの望むことはそれだけである。
こんなことを今更書かねばならないことに
絶望を感じている。
わたしは損害賠償請求権および今回のことの諸費用を盗作者に請求する権利を有している。
もしこの文章を読み、
反省したのなら、
再び河原崎法律事務所へ連絡して下さい。

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

著作権その愛。 盗作問題追記

経過報告である。
現在、裁判に向けて準備中だ。
著作物対比表も完成した。
ここで言いたいことがある。
そもそも著作権とはなんなのだろうか?
最近の若い子は著作権のなんたるかも解らないようだ。
「なぜ使っちゃいけないの?」と主張する人もいるらしい。
著作権。
それは作者の人権だ。
作者の魂が生み出した血と肉を分け与えられた作者の一部だ。
ベストセラー作家であろうがわたしのようなごまめ作家であろうが、関係ない。
もちろん金に直結する場合もあるだろう。
だがごまめ作家だからないがしろにされていいというものではない。
それは「基本的」な「権利」なのだ。
「なんで勝手に使っちゃいけないの?」と主張する若い子にはこう言いたい。
あなたの名前を誰かが使って、なにか悪いことをしたり、
もしくはあずかり知らないところで何かがあなたのやったことになったりしてもいいのか、と。
「著作権」は「人権」なのだ。
「著作者人格権」が定義されていることでも分かる。
だからこそ、今回の「みの」氏の気持ちが理解できない。
虹は「愛」が基本だ。
キャラクターへの愛が無くては創作できない。
他人の創作を自分のものと偽るところには愛が感じられない。
盗作の理由が単に自分を実際以上のものとして見せかけたいだけに過ぎないとすれば、
今後の人生もその延長線上にあるだろう。
こういった問題に巻き込まれて思い出すのは
中島敦の1編だ。
中島敦は私の大好きな幻想作家で、
もちろん「光と風」も名作だが、
そして「悟浄出世」や、名人が「これは何に使う道具だね?」と尋ねてしまう話も大好きだが、
ここで思い出すのは「山月記」だ。
肥大した自我・自己愛・自尊心ゆえに獣となってしまう詩人の物語である。
誰しも自己愛や自尊心はある。
だが理性によって飼い慣らさねば、
それは膨れあがって自分自身を呑み込んでしまうのだ。
プライドと見栄、それは時には自分を高めるために必要なモチベーションだが、
自分を見失う前にぜひ「山月記」を読んでいただきたいと思う今日この頃である。

続きを読む

テーマ : BL小説書きの日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

enjugroup

Author:enjugroup
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。